利用規約

サービス利用規約

インフォゲート株式会社(以下、「当社」とします)は、当社が運営するサービス、SamuraiGate[サムライゲート](以下、「本サービス」とします)をご利用いただくにあたり、利用者が遵守すべき利用規約(以下、本規約とします)を以下に定めます。

第1章 総則

第1条 規約の適用

本規約は当社と利用者との間に生じる一切の関係に適用されるものとします。

第2条 規約の変更

当社は利用者に承諾を得る事無く、本サービスや本規約を変更する事が有り、利用者はこれに承諾するものとします。

第3条 本サービスの内容

ホームページの作成及び管理・更新などのメンテナンスサポートその他、当社が必要と認めたサービスとします。

第2章 利用の申し込みなど

第4条 利用の申し込み

本サービスの利用を申し込む場合には、本規約に同意の上、当社所定の手続に従って、本サービスの利用を申し込むものとします。

第5条 利用の申し込みの不承諾

当社は、次の各号に該当する場合には、本サービスの利用申込みを承諾しないことがあります。

  1. 当社が、申込みに係る本サービスの提供または本サービスに係る装置の手配・保守 が困難と判断した場合
  2. 以前に当社との契約上の義務の履行を怠ったことがある等、申込者が当社との契約上の義務の履行を怠るおそれがある場合
  3. 申込書の内容に虚偽記載があった場合
  4. 申込者が日本国内に在住していない場合
  5. 申込者が当社の社会的信用を失墜させる態様で本サービスを利用するおそれがある場合
  6. 申込者が暴力団関係者その他反社会的団体に属する者と認められる場合
  7. その他、当社が申込みを承諾することが相当でないと認める場合

前項の規定により本サービスの申込みを拒絶した場合は、速やかに申込者へ通知するものとします。なお、当社は、申込を拒絶した理由を開示する義務を負わないものとします。

第6条 利用契約の成立

本サービスの利用契約は、利用の申し込みを承諾後、サーバー及びその他の必要とする設定が完了して作業完了メールを利用者へ送信した日から成立します。

第7条 最低利用期間と利用開始日

最低利用期間は6ヶ月間となっており、本サービスの利用契約の成立日を利用開始日としてその日から起算するものとします。ただし、システムの開発やその他の特別なサービスの提供を行う場合は、別途当社の規定により定めることと致します
最低利用期間の経過後は、1ヶ月毎の自動更新となります。

第8条 利用の停止

以下の場合、理由の如何に問わず本サービスの提供をただちに中止するものとします。当社は、利用者が当社に支払った利用料金について、返還しないものとします。

  1. 利用者が利用料等の支払いを怠った時
  2. 利用者が虚偽の内容にて申込みをした場合
  3. 利用者が本規約上の義務を怠るおそれがあると当社が判断した場合
  4. 違法、または明らかに公序良俗に反する内容でサービスを利用した場合
  5. 当社が支障を来すおそれがあると当社が判断した場合
  6. その他当社が必要だと判断した場合

第3章 利用料金など

第9条 利用料金
  1. 本サービスの利用料金は、料金プランのとおりとし、利用者は、料金を支払う義務を負います。
  2. 利用者は、利用開始日の当月27日までに、当月費用の日割分の入金を行うものとします。利用開始日が当月21日以降となった場合は、当月日割分と翌月の月額費用を合わせて、翌月27日までに入金を行うものとします。
  3. 入金方法は銀行の自動引落といたします。
  4. 自動引落の手続きが完了するまでの間は当社が指定する口座への振込(振込手数料は利用者の負担)による入金といたします。
  5. 支払期日までに入金がない場合には、第8条(利用の停止)の規定により、即座に本サービスの提供を停止する場合があります。
  6. 第8条(利用の停止)の規定により、本サービスの提供が停止された場合であっても、利用期間内の利用料の支払い義務は停止しないこととします。
  7. 利用者が、利用期間中に解約を申し出でた場合であっても、利用期間内の利用料の支払い義務は停止しないこととします。
第10条 利用の継続と契約の解除

当社と利用者の利用の継続は、第7条に規定された最低利用期間終了後、自動的に更新されます。
契約を解除する場合は、最低期間終了の1ヶ月前までに当社に申し出るものとします。
最低期間終了後に契約を解除する場合も、1ヶ月前までに当社に申し出るものとします。

第4章 禁止事項

第11条 権利の侵害、不正アクセスなどの禁止
  1. 以下の行為による権利の侵害及び不正アクセスを禁止いたします。
  2. 幣社もしくは第三者の著作権・商標権等の知的財産権、財産権、プライバシー権、パブリシティ権もしくは肖像権等の権利を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
  3. 幣社もしくは第三者を差別もしくは誹謗中傷し、またはその名誉もしくは信用を毀損する行為
  4. 詐欺等の犯罪に結びつく、または結びつくおそれのある行為
  5. わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待に当たる画像、文書等を送信または掲載する行為
  6. 幣社のネットワークやインターネット網、それらに接続されたサーバ設備等に不正にアクセスする行為
  7. 他の利用者や第三者に著しく迷惑をかけ、また社会的に許されないような行為
  8. 公序良俗に反する行為およびそのおそれのある行為
  9. 法令に違反する行為
  10. その他、幣社が本サービスの利用者として相応しくないと判断する行為

第5章 管理と運営

第12条 アカウントの管理

利用者は、通信用ID、暗証記号(パスワード)等の権利情報を、当社が利用者に対して付与した場合、第三者に対し譲渡、貸与または質入などの行為を行ってはならないものとします。利用者は前項の権利情報の管理について一切の責任を持つものとし、第三者の不正使用により被害が発生したときは、利用者が一切の責任を持つものとします。利用者が権利情報を紛失したり、盗難されるなどしたときは、利用者は、速やかに当社に届け出るとともに、当社の指示に従って適切な処理を行うものとします。

第13条 損害賠償など

利用者が本規約に違反する行為もしくは不正または違法な行為を行ったことにより当社に損害を与えたときは、当社は、利用者に対して損害賠償を請求することができるものとします。当社は、前項の請求のほか、刑事告訴、告発を行うことができるものとします。

第14条 免責

当社は、当社が提供する本サービスの利用に際して利用者に発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。当社は、当社が提供する本サービスの利用に際して利用者が第三者に対して与えた損害について、一切の責任を負わないものとします。この場合、利用者は、第三者に対して与えた損害について、自らの責任と費用をもって解決し、当社に損害を与えることがないものとします。

第15条 準拠法

本契約は、日本の法律に従って作成したものと見なされ、また、日本の法律に従って解釈されるものとします。

第16条 合意管轄

当社と利用者の間で訴訟の必要が生じた場合、当社所在地の管轄裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

 

2008年9月30日施行