内的SEO

サムライゲートが制作するホームページは、全ページにSEOに強いといわれている「内的SEO」を施しています。

内的SEOとは

内的SEOとは、ホームページ内部に行うSEOをさしています。

情報の充実度

サーチエンジンはあなたのホームページ(WEBサイト)がどの程度の規模のサイトであるか、またどのような情報が掲載されているか、に注目しています。
お客様のホームページ(WEBサイト)がどのようなページ構成であって、どういった内容がどのよう掲載されているのか、がとても重要となってきます。

HTMLタグを的確に使う

サーチエンジンがそのページのテーマを正しく認識できるようにするためには、HTMLタグを的確に使用する必要があります。テーマが正しく認識されると検索上位に表示される確率が高くなります。

ページのテーマを認識してもらう上で重要なHTMLタグはいくつかあります。
例えば

  • <title>タグ店舗でたとえるならば「看板」になります。一番重要な部分であると考えられます。
  • <h1>タグ = 店舗でたとえるならば「コーナー」の名前です。
  • <meta>タグ = 店舗を文章で紹介します。
このようなタグ部分で検索上位に表示させたいSEOキーワードを必ず入れると有効と言われています。

ページの更新頻度

更新頻度を上げることはSEO対策で成果を上げる為にはとても重要なことです。
サーチエンジンは1度だけではなく、何度も何度もあなたのホームページ(WEBサイト)を訪問します。
そして、前回からどのような変化・更新があったかを調査します。
情報は新しいものほど価値が生まれる為、更新頻度が高いと検索エンジンの訪問頻度が高まり更新した情報を早く検索結果に反映してくれるようになり評価が高まります。

サイトボリューム

サイトボリューム(ページ数)もとても大切なポイントとなります。
ただ、更新頻度を増やせばいいというわけではありません。 更新に伴ってサイトの情報量・サイトボリュームも増えていくことが必要になります。
サイトボリュームというのはページごとの情報量ということだけではなくページそのものの数を増やしていくことが求められているようです。
更新の都度、記事やページ数が増えることにより自然とキーワード数も増えるので、これもまたSEO対策となるのです。


サムライゲートの内的SEO

検索エンジンが好む、内面も美しいホームページ

無駄を省き軽量化したソースコードは、ただ軽いだけではなく検索エンジンがアクセスしてきた時に力を発揮します。
検索エンジンは世界中で今も生まれているサイト(ホームページやブログ)、今存在するたくさんのサイトを巡回し情報を取得していきます。
その取得するページ数は、数十億以上といわれています。

膨大な数ですし存在するサイトの内容や形式も様々ですから、一つ一つのサイトを隅から隅までは見て判断できるはずがありません。
検索エンジンの気持ちになれば「このサイトは何が伝えたいのか」これがいち早く知りたいはずです。

下図(右側)は検索エンジンの注目度をわかりやすいよう色分けしました明るい部分は注目度が高く暗い部分は低くなります。
急いでいるだけあってさすがにセッカチです。


内的SEOを施していないホームページの場合

検索エンジンが見るソースコードでは、一番重要なコンテンツ部分の主題(h2orh3)がかなり下の方に配置されており、検索エンジンが探しにくい状態になっております。

内的SEOを施していないホームページのソースコード

サムライゲートのソースコード

サムライゲートは、見た目のホームページは一般的なホームページと同じですが、検索エンジン見るソースコードの配置を変更しています。
ホームページの最重要テーマが検索エンジンにすぐに見つけてもらえるように、ソースコードの配置を変更しています。
最重要であるコンテンツの主題をソースコードでは一番上にくるようにしています。 次に重要性の高いヘッダー部分、コンテンツ部分が続きます。
人間が見るホームページに違いはありませんが、ソースコードの配置が大きく違います!

サムライゲートのソースコード